好きな人に振られましたが、諦めきれません。

 

 

よく頑張りました。

好きな人に告白することって、とてもとても勇気がいりますよね。

社会人になった僕でも緊張します。本当に吐きそうなくらいです。今までの関係性が崩れちゃうんじゃないか、嫌われてしまうのではないかと怖くなります。

その怖さにに打ち勝ち、ちゃんと自分の気持ちを伝えることのできたあなたは本当に素晴らしい。

心から拍手を送ります。よく頑張りました。

 

さて、相談してもらった内容に関する僕の意見ですが

「好きじゃなくなるまで、好きなままで」いてみてははどうでしょうか。

 

 

諦めきれない恋

振られてもまだ諦めきれていないんですよね。きっとそれだけあなたが相手のことを好きなんでしょう。

恥ずかしながら僕も諦めきれない恋をしたことがあります。僕が好きになった人には既に恋人がいたのです。初めてそのことを知ったときはとてもショックでした。その人と話すたび、話せる嬉しさを感じる反面、ちょっとだけ憂鬱さも感じていました。

僕は自分の気持ちを伝えないままずっと過ごしていました。その期間は、約1年ほどあったと思います。一年経ってもずっと好きだったのです。僕にとってはそれだけ好きで諦めきれない恋だったのかもしれません。

その後、僕とその人はどうなったかというと、無事に付き合うことができました。「無事に」というとちょっと語弊があるかもしれませんね。なぜなら4回目に告白して成功したのですから。

 

さて、僕の話は置いておいて僕が伝えたかったことは

「あなたが好きでいる限り、相手を振り向かせるチャンスはある」ということです。

 

もちろん無鉄砲に告白すればいいものではありませんが、あなたが好きでいる限り相手を振り向かせるチャンスは訪れます。その機を待ちつつ、作りつつ、ずっと好きでいていいんじゃないでしょうか。ただ、好きでい続けることは多少の痛みをともないます。胸の中がじんじんくることもあります。でも、それでも好きならその気持ちは本物なのだから、好きでいてください。もし熱が冷めてしまえばそれだけのものだったということです。

自分の気持ちは簡単には操作できないものだと思います。だから無理にその気持ちをどうにかしようとせず、そのままにしておいてください。あなたがどうするかはその気持ちがどう変化するか次第だと思います。

 

 

 

自分と相手の幸せのために

夏休みがそろそろ明けてしまいますね。その人と顔を合わせるのが恐いですよね。

うーん、僕だったらどうするかな。たぶんひょうひょうと何もなかったかのように接して、次の機会を待っているかもしれません。

相手はなんであなたを振ってしまったのかな。恋愛対象として見てなかったからな?だとしたら告白したことで少しは意識するようになったかもしれません。僕なら、もう少し近づいてみるかも。

それか恋人や、好きな人がいたのかな。だとしたらその人が一番に相談できるような立場になることを目指します。辛くても僕の好きな人が幸せになれるための相談にちゃんと乗ります。

相談にのる中で、「おれならもっと幸せにできるのに」と思える瞬間が来たらまた告白するかもしれません。

だめだったらまた自分の気持ちを確認します。それでも好きならまた頑張るかもしれません。冷めてしまえば諦めます。

 

 

恋愛ってとても痛みを伴いますが、

誰かを好きでいられる時間はとても素敵だと思います。

 

 

そうぞ無理をせず「好きじゃなくなるまで、好きなままで」いてみてください。

 

 

 

 

 

お悩みありましたら、こちらまでお送りください。

真摯に向き合います。